大腸がん検診研究事業 - 健康

公開日 2019年08月23日

更新日 2022年06月14日

大腸がん検診研究事業について

大仙市では昭和大学横浜市北部病院と国立がん研究センターとともに大腸がん検診研究事業を実施しております。

なお、研究参加者の募集は平成28年度をもちまして終了しております。

 

<研究参加していただいている皆さまへ>

 本研究事業の期間は、開始当初は「10年間」としておりましたが、10年間経過以降も継続することになりました。この事に付きましては平成30年度の「健康アンケート」にて参加継続の意思確認をさせていただいております。お尋ねになりたい事がある場合は、健康増進センターへ連絡をお願いします。引き続き、本事業での検診受診をおすすめします。

かわら版[PDF:683KB]

太田・中仙・仙北地域検診日程表[PDF:574KB]

南外・西仙北・神岡・協和地区検診日程[PDF:546KB]

大曲地区検診日程表[PDF:507KB]

大腸がん検診はとても簡単で、早期発見が大切です

 大腸がん検診は、症状がない健康な時に受けることが非常に大切です。

専用容器に二日分の便をとって検診時に提出するだけなので、容易に検査できます。

「便潜血検査」を毎年受けることで、大腸がんを早期に発見し早期治療を行うことで100%近く完治しやすいと言われています。

                 <お問合せ>

                  健康増進センター 

                  電話 0187-62-1015

                  FAX 0187-62-9302

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの
先頭へ戻る