農業機械浸水時の注意点―農業者の皆さまへ―

公開日 2018年07月24日

更新日 2018年07月24日

 平成30年6月28日以降の台風7号や梅雨前線の影響により、大規模な水害等、全国各地で甚大な被害が発生しています。本市では豪雨による農業機械の被害は確認されておりませんが、被害発生時には適切な対応を行っていただくようお願いします。
 浸水した農業機械は整備業者等が点検する前にスイッチを入れた場合、エンジンが破損するおそれがあります。また、バッテリーや電子制御装置、モーター部、配線の一部が浸水した場合には、電装品や電気配線がショートしやすくなっており、漏電や火災の危険がありますので、点検前に農業機械のスイッチを入れないようお願いします。

 

 参考までに、東日本大震災の際に一般社団法人日本農業機械化協会が公表した「東日本大震災における津波被害農業機械の取扱いについて(お願い)」(http://nitinoki.or.jp/sinsaiti-taisaku/index.html)もご参照ください。

 

 

お問い合わせ

農業振興課

広告