大仙市アーカイブズ 新着資料展「田宮利雄資料」開催中

公開日 2020年02月21日

更新日 2020年03月29日

令和元年度も大仙市アーカイブズにはたくさんの方々から貴重な資料のご寄贈があり、順次、保存活用のために目録等の整備作業を進めています。今回の新着資料展ではその中から、「田宮利雄資料」を紹介しています。

田宮利雄資料は、生涯を鉄道文化の研究にささげた田宮利雄(※)を偲ぶことのできる貴重な記念切符や写真、著作など9245点で構成されています。

今回はその中から、写真や田宮が寄稿した雑誌等、約50点を展示してします。5月9日まで開催しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

 

※田宮利雄(19272015年)

現在の大仙市神宮寺の生まれで、生涯を鉄道文化の研究にささげました。日本国有鉄道(国鉄)に入社し、配属となった秋田鉄道管理局総務部では文才を生かして「秋田鉄道管理局史」の編さん、秋田鉄道管理局レクリエーション機関紙「秋鉄」や広報誌「秋鉄ニュース」の編集に携わり、後に秋田の鉄道の歴史と文化を伝える数々の著作を残しました。

 

問い合わせ:大仙市アーカイブズ  TEL 0187-77-2004

このページの
先頭へ戻る