新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

公開日 2020年03月28日

更新日 2020年03月28日

市では、2月28日に「大仙市新型コロナウイルス対策本部」を設置し、感染拡大防止のため、市として最大限の対策を講じています。

このページでは対策本部会議の結果などを受け、お知らせする情報を随時更新していますのでご確認ください。

 

※3月28日更新

大仙市民の皆さんへ(新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ)

 昨日、由利本荘市内において、新たに2人の感染者が確認されました。2人はいずれも外国籍で、県内で感染が確認されたのはこれで4人となりました。

 また、国内では3月24日以降、大都市を中心に感染者が急増しており、特に、東京では、連日、感染経路が不明な感染者が多く確認され、この週末は外出自粛が呼びかけられております。

 感染拡大防止には、市民の皆さん一人一人の心がけと慎重な行動が大切です。

 感染者が多い大都市圏への不要不急の往来は控えて頂くとともに、「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集する」「近距離で大声での会話を行う」、こうした三条件が重なる場所を避けて頂きますようお願いします。

 市としましても、引き続き情報収集に努め、感染拡大防止に向けた対策に全力で取り組んでいきますので、市民の皆さんのご協力をお願いします。

 

※3月25日更新

①4月1日以降の新型コロナウイルス感染拡大防止措置の変更について

 (1)行事・イベントの中止、延期措置関する見直し

 (2)施設の利用規制に関する見直し

 (3)学校関係に関する見直し

 

これまでどおり、感染の疑いがあるとされる次の事項に一つでも該当する方については、参加自粛を要請した上での措置とします。

  1. 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者、または疑いのある方
  2. 海外から帰国して2週間以内の方(感染未確認国を含む)
  3. コロナウイルス感染者数が拡大している都道府県に、過去2週間以内に滞在していた方
  4. 発熱・悪寒・せき・くしゃみ等の症状があるなど、健康状態がすぐれない方

②一時的な資金の緊急貸付について

 

※3月24日更新

・あきた帰国者・接触者相談センターの窓口追加について

・国民健康保険の被保険者資格証明書の取り扱いについて

 

 

新型コロナウイルスの県内感染者の確認を受けて

 3月6日、秋田市で秋田県内初めてとなる新型コロナウイルス感染症の患者が2名確認されました。

 大仙市で感染者は確認されていませんが、市民の皆さんには、以下の内容にご留意くださるようお願いします。

 

1.手洗い、咳エチケット等の感染症対策を徹底してください。

2.発熱や風邪症状がある場合には、会社や保育所、児童クラブ等を休み、不要不急の外出を避けてください。

3.やむを得ず外出する際は、人ごみを避けてください。

4.集会など大勢の人が集まる行事は、開催時期の見直しや中止等を検討してください。

5.感染について不安がある場合は、直ぐに受診せず、まずは、「あきた帰国者・接触者相談センター(24時間対応)」に電話してください。(TEL 018-866-7050)

※令和2年3月20日から、相談窓口が追加されました。(TEL 018-895-9176 受付時間は9時から17時までです)。

 

 感染拡大防止には、市民の皆さん一人一人の心がけと冷静な行動が大切です。

 大仙市と致しましても、引き続き情報収集に努め、感染拡大防止に向けた対策に全力で取り組んでまいりますので、市民の皆さんのご協力をお願いします。

 今後も、随時、ホームページなどで情報提供してまいります。

 

お問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症対策に係わる市の体制について:総合防災課

新型コロナウイルス感染症による健康被害や予防について:健康増進センター TEL 0187-62-9301

 

 

市主催関連行事、イベントなどについて(4月1日以降) ※状況により変更する場合があります

【行事・イベントの中止、延期措置に関する見直し】(4月1日~)

 現状の対策を継続することにより市民生活や地域経済、行政運営などに支障があるもので、かつ、感染拡大の恐れの少ないものに関しては、十分に感染拡大防止対策をした上で、実施することとします。

[実施可能な行事等の条件]

 ・参加者は県内のみに限定でき、かつ、感染者が発生した場合に追跡調査できること

 ・参加者の密集を避け、十分な間隔がとれること

 ・入出場の動線を工夫でき、人を密集させないこと

 ・会場に入る際やイベント等の途中で、適宜消毒や手洗いを実施できること

 ・参加者の手の触れる場所を定期的に消毒できること

 ・近距離での会話や発声がなく、飛沫感染を防止できること

 ・定期的に外気を取り入れる換気ができること(屋内の場合)

 ・開催時期を必要最小限にとどめるよう調整できること

[中止すべき行事]

 ・県外などから参加者が集まる可能性がある全国規模のもの

 ・不特定多数の人員が集まるもの

 ・出店などによる飲食物を提供するもの

 ・定期的に換気ができない場所で実施するもの

3月31日までの状況はこちら→【新型コロナウイルス対応】中止・延期する大仙市関連行事一覧.pdf(449KB)

※4月以降の大仙市関連行事については、後日掲載しお知らせします。

 

お問い合わせ先:上記の大仙市関連行事一覧を参照

 

 

※税務申告相談期間の延長について

・所得税確定申告および市民税・県民税の申告は、4月16日(木)まで期間を延長

(税務課および各支所市民サービス課窓口で平日のみ受け付け)

 

※新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険の被保険者資格証明書の取り扱い

 国民健康保険の被保険者資格証明書を交付されている方が、新型コロナウイルス感染症の疑いで「帰国者・接触者外来」を受診した場合は被保険者証(通常の保険証)と同様に取り扱う。

・令和2年3月から適用

・これにより一部負担金(自己負担)は、3割または2割

・帰国者・接触者相談センターに相談のうえ、指定された医療機関へ資格証明書を提示し受診してください。

・その他の診療については、これまでどおり一旦全額自己負担となるのでご注意ください。

 

お問い合わせ先

保険年金課 TEL 0187-63-1111

 

 

市公共施設等について

・市所有温泉施設および道の駅は、感染防止対策を講じた上で、通常どおり営業する。

・利用料を先払いしている場合は、返金する。

【施設の利用規制に関する見直し】(4月1日~)

 貸し出しのみに限定し、市内の図書館を開館します(午前9時~午後5時)。

 利用用途・目的、人数と施設の規模を照らし合わせ、クラスター感染の発生リスクが少ないと判断できるものに関しては、感染の疑いに該当する参加者がいないことを確認し感染拡大防止対策をした上で4月1日以降の施設利用を許可します。

[スポーツ施設の利用許可条件等]

 ・子どもだけの利用は、スポーツ少年団活動および部活動に限り許可する ※スポーツ少年団および部活動の再開は4月6日以降

 ・利用中のミーティングなどは十分な間隔をとること

 ・必要最小限での利用時間に調整すること

 ・屋内施設では定期的に換気すること

[集会施設などの利用許可条件等]

 ・参加者は県内のみに限定でき、かつ感染者が発生した場合に追跡調査ができること

 ・参加者の密集を避け、十分な間隔がとれること

 ・入出場の動線を工夫でき、人を密集させないこと

 ・会場に入る際や利用の途中で、適宜消毒や手洗いを実施できること

 ・参加者の手の触れる場所を定期的に消毒できること

 ・近距離での会話や発声がなく、飛沫感染を防止できること

 ・定期的に外気を取り入れる換気ができること(屋内の場合)

 ・開催時期を必要最小限にとどめるよう調整できること

[スポーツ施設および集会施設で許可できないもの]

 ・県外からも参加者が集う可能性がある全国規模のもの

 ・不特定多数の参加者が見込まれるもの

3月31日までの状況はこちら→【新型コロナウイルス】大仙市利用規制施設一覧.pdf(234KB)

お問い合わせ先:上記の利用規制施設一覧を参照

 

 

小・中学校、児童クラブ(学童保育)、保育所・認定こども園関係について

・放課後児童クラブは通常どおり開所

・保育所・認定こども園は通常どおり開園

【学校関係に関する見直し】(4月1日~)

 国の提言・再開に向けた指針案のポイント、および県からの依頼事項などを踏まえ、学校を再開できるよう諸準備をすすめることとします。

[新学期について]

 ・小・中学校は4月6日(月)、新任式・始業式当日から通常登校とする

 ・給食を再開する

[入学式について]

 ・時間短縮に配慮し、予定どおり実施する

[スポーツ少年団活動および部活動]

 ・活動再開は4月6日からとする

 

お問い合わせ先

 小・中学校について:教育指導課 TEL 0187-63-1111(内線335)

 児童クラブについて:子ども支援課 TEL 0187-63-1111(内線129)

 

 

企業要請関係

・市内企業に対し、学校等の休校に伴う従業員の休暇への配慮や感染拡大の防止対策などの協力を要請する。

 

お問い合わせ先

 企業商工課 TEL 0187-63-1111(内線258)

 

 

一時的な資金の緊急貸付について

秋田県社会福祉協議会では、低所得者世帯に対して生活費などの必要な資金の貸し付けなどを行う「生活福祉資金貸付制度」を実施しています。

新型コロナウイルス感染症の影響によるを踏まえ、貸し付けの対象を低所得世帯以外にも拡大し、休業や失業などにより生活資金でお悩みの方々に向けた「緊急小口資金等の特例貸付」を実施します。

具体的な内容についての問い合わせや貸し付けのご相談は、下記にご連絡ください。

 

詳しくはこちら→http://daisen-syakyo.net/publics/index/1/detail=1/c_id=5/page5=1/type014_5_limit=10/#page1_5_177

 

お問い合わせ先 (月曜~金曜(祝日を除く) 8:30~17:15)

 大仙市社会福祉協議会  TEL0187-63-0277

 

 

 

新型コロナウイルス関係リンク集(外部サイト)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)
 報道発表資料や国民の皆様へのメッセージなど

イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ(厚生労働省)
 大規模なイベント開催に関するご協力のお願い

新型コロナウイルス感染症に備えて(首相官邸)
 政府による緊急対応策、一人ひとりができる対策の解説など

新型コロナウイルスお役立ち情報(首相官邸)
 感染症への備えや物資・食料品の供給など、関連省庁からのお役立ち情報

海外安全ホームページ 危険・スポット・広域情報 中華人民共和国(中国)(外務省)
 現地大使館・総領事館等からの安全情報など

新型コロナウイルス感染症に関連して(法務省)
 誤情報による不当な差別やいじめ等の相談窓口など

新型コロナウイルス感染症関連(経済産業省)
 新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策の案内

 

今後、随時更新します。

このページの
先頭へ戻る