アメシロの初期駆除について

公開日 2020年05月15日

更新日 2020年05月15日

 アメシロの発生時期として、5月~7月、8月~9月と言われております。今後、アメシロの発生が予測されることから、初期駆除方法等について掲載しますので、アメシロ発生の蔓延防止に努めていただければと思います。

初期駆除方法

 写真のような状況が確認された場合、アメシロである可能性が高いです。下記の方法により初期駆除を行います。

枝に巣網がかかっている
葉がレース状になっている

 

 

◎薬剤散布を行う。(トレボン、ディプティレックス等)

◎卵や幼虫が付着している葉っぱや巣網のついた枝を高枝切りバサミ等で剪定し、袋に入れて処分する。

   
高枝切りバサミでの剪定

 

アメシロが蔓延した場合

 隣接する複数の住宅や町内会単位で発生が見られる場合は市農林整備課または各支所農林建設課へ相談して下さい。

※昨年度、相談のあった町内へは通知をしております。

関連ワード

お問い合わせ

農林整備課
住所:秋田県大仙市大曲花園町1-1
TEL:0187-63-1111
FAX:0187-63-1119
このページの
先頭へ戻る