いっせい防災行動訓練(シェイクアウト)を実施しました

公開日 2020年04月01日

更新日 2020年04月01日

令和2年1月23日(木)午前11時00分、大地震の発生直後に身を守るための「第6回大仙市いっせい防災行動訓練~シェイクアウト2020 in Daisen~」を行いました。

「シェイクアウト訓練」とは、「まず姿勢を低く(ドロップ)」「頭を守り(カバー)」「動かない(ホールド・オン)」の3つの動作を行う米国発祥の短時間で行える訓練で、市では「市民参加型の訓練」として実施しております。

今回は参加目標を40,000人(人口の50%)に設定し多くの市民の皆様から参加していただきました。

実績人数としては40,641人の方々から参加をいただきました。目標の4万人を超え、参加者からは「訓練が定着し整然と落ち着いて訓練に参加できた。」「シェイクアウト訓練の必要性・重要性を感じた。」などの声もあり、訓練の目的を達成できたものと考えております。また、年々、参加者が増加していることから大仙市全体で防災意識が向上している傾向にあると考えられます。

 

「いっせい防災行動訓練(シェイクアウト2020 in Daisen)」の成果報告書

シェイクアウト訓練実施報告書[PDF:1.2MB]

お問い合わせ

総合防災課
住所:秋田県大仙市大曲花園町1-1
TEL:0187-63-1111
FAX:0187-63-1119
このページの
先頭へ戻る