ツキノワグマ出没警報が発令されています!

公開日 2020年10月16日

更新日 2020年10月16日

県内で人身被害や住宅地でのツキノワグマの出没が相次いでいます。また、今後、紅葉やキノコ採りシーズンを迎え、入山者が増加することが予想されることから『ツキノワグマ出没警報』が発令されています。

冬眠前の時期は食べ物を求めてクマの活動が広範囲になる可能性があり、人身被害を防ぐために、次のような被害予防を参考にしてください。

野外で活動する際は、被害防止のための予防対策を実行するほか、次の点に特に注意してください。

・農作物(廃棄作物を含む)の適正管理、実のなる木の管理・伐採などによりクマを寄せ付けない環境づくりを進めましょう。
※クマはにおいの強いものに寄り付きますので、米ぬかや残渣は適切に管理しましょう

・住宅地でもクマと遭遇する可能性があるため、朝晩の薄暮時の散歩などは、特に注意が必要です。散歩の時間帯を変える、ラジオをかけながら歩くなど、予防対策を必ず行いましょう。

警報発令期間

令和2年10月15日から令和2年10月31日まで(今後の出没状況などによっては延長される場合があります)

クマをおびき寄せないために・・・

①音を出しながら行動しましょう。

 ラジオなど、音の出るものを携帯し、自身の存在を知らせましょう。特にクマの行動が活発になる、早朝および夕方は周囲に気をつけてください。

②里山と森林の緩衝地帯の刈り払いを実施しましょう。

 森林、斜面林の近くは、クマの出没ルートになります。刈り払いして、見晴らしを良くしましょう。

③クマの出没がある地域では、単独での作業を避けましょう。

 山や野外での活動、出没の多い農地では、必ず2人以上で行動しましょう。

④農作物の廃棄等がクマの誘引物とならないように適切に処理しましょう。

 農作物を廃棄する際は、放置しないようにしましょう。野外の活動では残飯や生ごみは持ち帰るようにしましょう。

⑤クマの侵入を防ぐために、収納庫の施錠を徹底しましょう。

⑥草刈機等に使われるガソリンなどの揮発性物質もクマの誘引物となるため、保管場所は注意しましょう。

⑦クマの足跡、糞等の痕跡を見つけた場合は、先へ進まず引き返しましょう。

クマに遭遇したときに・・・

万一、クマに遭遇した際には、次のようにその場から離れるようにしましょう。

①落ち着いて、クマに背を向けずに、ゆっくりとその場から離れましょう。

②クマを驚かさないよう、大声を出したり、走って逃げないようにしましょう。

なお、クマを目撃したときは「時間、場所、頭数、逃げた方向」を警察署、市役所農林整備課および各支所農林建設課へご連絡ください。

令和元年度 大仙市クマ出没状況 一覧

令和元年度大仙市クマ出没状況一覧[PDF:1.47MB]

秋田県クマの目撃情報

秋田県のホームページにて、県内のクマの目撃情報が随時更新されております。

◎令和2年度版

https://pref-akita.maps.arcgis.com/apps/PublicGallery/index.html?appid=3d827544773d4df488bc379c68b86dd2

◎令和元年度版

https://pref-akita.maps.arcgis.com/apps/PublicGallery/index.html?appid=f5ea123a489f4a52a9072a184447dce0

スマートフォンで、自分の位置周辺の状況も確認できます。

◎令和2年度版

令和2年度秋田県クマ出没情報

◎令和元年度版

令和元年度秋田県クマ出没状況

関連ワード

お問い合わせ

農林整備課
住所:秋田県大仙市大曲花園町1-1
TEL:0187-63-1111
FAX:0187-63-1119
このページの
先頭へ戻る