新たな経済対策を実施します(2月8日)

公開日 2021年02月08日

更新日 2021年02月08日

大仙市では、新型コロナウイルス対策として、新たな経済対策の実施準備を進めています。

 

1.大仙市学生(高校3年生等)支援事業

 感染症拡大の影響による経済的負担の軽減と高校生等の円滑な新生活を支援するため給付金を支給します。

支給対象者/ 令和3年1月1日現在において大仙市の住民基本台帳に登載されていて、次のいずれかに該当する方

①国公私立の高等学校(全日制)の3年生の保護者

②特別支援学校高等部の3年生の保護者

③高等専門学校の3年生の保護者

④国公私立の高等学校(定時制)の最終学年の生徒(令和3年3月31日現在において満19歳以下の者に限る)の保護者

⑤国公私立の高等学校(定時制)の4年生の生徒(令和3年3月31日現在において満20歳未満の者に限る)

⑥その他①~⑤いずれかの要件に相当すると市長が認める方

支給額/ 1人あたり万円

申込期間/ 令和3年2月9日~令和3年2月28日

問い合わせ先/ 教育総務課(℡0187-63-1111)

 

2.在宅重度障がい者(児)介護世帯への支援事業

 日常生活において常時介護を必要とする重度の障がい者(児)を介護されている世帯へ支援給付金を支給します。

支給対象者/ 在宅の重度障がい者(児)で、次の手当(①~③)の受給者

①特別障害者手当(20歳以上)

②障害児福祉手当(20歳未満)

③特別児童扶養手当(20歳未満)※障害児福祉手当の受給者を除く

支給額/ 1人あたり万円(2人目以降は1人につき万円加算)

問い合わせ先/ 社会福祉課(℡0187-63-1111)

 

3.在宅高齢者等介護世帯への支援事業

 介護を必要とする在宅高齢者等を介護されている低所得の世帯に支援給付金を支給します。

支給対象者/ 市内に住所を有する市民税非課税または均等割のみ課税世帯で、次の①または②に該当する世帯

①介護保険の要介護認定において要介護3~5の認定を受けている在宅高齢者※1(2号被保険者含む)を、同居し介護している世帯

②要介護認定を受けていない65歳以上の在宅高齢者のうち要介護3~5程度の状態にある者を、同居し介護している世帯

※1 在宅高齢者:令和2年9月1日から11月30日までの期間のうち、通算30日以上在宅で生活している要介護高齢者(特別障害者手当を受給している在宅高齢者を除く)

支給額/ 1人あたり5万円(2人目以降は1人につき万円加算)

問い合わせ先/ 社会福祉課(℡0187-63-1111)

 

 

 

4.飲食店応援給付金事業

 新型コロナウイルス感染症の影響により依然として厳しい経営状況となっている市内の飲食店に対して、ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた店内感染防止対策の推進と事業継続のため給付金を支給します。

給付事業所/ 令和3年1月15日までに本給付金の申請をした市内の事業所

追加給付額/ 1事業所あたり10万円の給付金(2事業所以上の場合は20万円上限)

申  請/  申請書を対象事業所に郵送 

問い合わせ先/ 企業商工課(℡0187-63-1111)

 

5.学校教育施設感染症対策事業

 学校の教育活動継続のため、市内小・中学校の児童生徒・教職員等の感染症対策に必要な物品(非接触型体温計・サーキュレータ・加湿器等)を整備します。

問い合わせ先/ 教育指導課(℡0187-63-1111)

 

6.新型コロナウイルスワクチン接種事業

 全市民にワクチン接種を実施するための体制構築と医療従事者及び65歳以上の高齢者に接種を行います。

問い合わせ先/ 健康増進センター(℡0187-62-9301)

 

7.健幸まちづくり推進事業

 市内事業所従業員の健康増進と、「健幸まちづくりプロジェクト」参加者増を図るため、市内事業所が「健幸スポット」を設置する費用を補助します。

補助対象/ 市内事業所

補助対象経費/ 体組成形、血圧計、リーダーライターの購入費、これらに付随するインターネット環境整備費

補助率/ 補助対象経費の2/3

問い合わせ先/ 健幸まちづくり推進室(℡0187-63-1111)

 

 

このページの
先頭へ戻る