ごみ収集車の火災事故が発生

公開日 2021年04月09日

更新日 2021年04月09日

ごみ収集車の火災事故が発生しました

4月7日にごみ収集車の火災事故が発生しました。収集車の中からスプレー缶とライター類が発見されたため、それが火災の原因になったと考えられます。

今回の事故ではすぐに消火作業が行われ大事には至りませんでしたが、ごみ収集車の火災事故は収集作業員や近くにお住いの方の命に係わる重大事故につながる恐れがあります。

昨年度も同様の事故が発生しております。「私だけなら大丈夫」「1つくらいなら…」という安易な気持ちでガスの入ったままのものをごみに出すのは危険です。必ずガスを抜き、分別をして、決められた方法で出しましょう。

分別方法

スプレー缶(カセット式ガスボンベ、殺虫剤、整髪料、制汗剤、塗料などのスプレー缶)は、資源ごみで「びん・缶」に分類されます。必ず中身を使い切り、ノズル・キャップをはずしてください。

 ※燃やせないごみでは収集しません。

 

ライター類は必ず中身を使い切り、透明なビニール袋へ入れて、集積所番号または町内名と氏名を記入し、「燃やせないごみ」の日に出してください。

※指定の燃やせないごみの袋には入れないでください。

※新聞紙などでごみを包んで出すと、作業員が中身を確認できないため危険です。ガラスの破片や鋭利なものを捨てる場合を除き、新聞紙などでごみを包んで出すのは止めましょう。

 

〇詳しいごみの分別方法は、各家庭に配布している「正しいごみの分け方・出し方」、または「ごみナビ」をごらんください。

・正しいごみの分け方・出し方はこちら↓

https://www.city.daisen.lg.jp/docs/2013092400366/file_contents/gominowakekata.pdf

・ごみナビくんはこちらから↓

https://www.city.daisen.lg.jp/docs/2013092400397/

お問い合わせ

生活環境課
住所:秋田県大仙市大曲花園町1-1
TEL:0187-63-1111
FAX:0187-63-5790
このページの
先頭へ戻る