ウクライナ避難民支援とSDGs ▶▶▶募金箱を設置しています

公開日 2022年06月06日

更新日 2022年06月06日

SDGs03  SDGs10  SDGs  SDGs17

 

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻により多くの尊い命が失われ、670万人以上が国外に避難し、国内外の総避難者数は1,300万人を超えました。

ウクライナから日本に避難した人たちは令和4年5月31日時点で1,154人となり、そのうち大仙市に2名の方が避難しております。

大仙市では、市内に避難した方が本市で過ごす間、少しでも平穏を取り戻し、安心して生活を送ることができるよう、募金箱を設置し、支援金を集めて全額を避難民の方にお渡しすることといたしました。

 

SDGs(Sustainable Development of Goals)は、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」で、世界が一つになって達成すべき「目標」であります。ウクライナで起こっていることを「自分のこと」として考え、それぞれの立場で行動していくことがSDGsの目標達成に近づく一歩になります。

 

SDGs未来都市大仙市の一員として、皆さまのご協力をお願いいたします。

 

 

募金期間:令和4年5月23日(月)~6月30日(木)  

募金箱設置場所:市役所大曲庁舎、各地域の庁舎

 

         ご協力お願いします

お問い合わせ

交流振興課
住所:秋田県大仙市大曲花園町1-1
TEL:0187-63-1111
FAX:0187-63-1119
このページの
先頭へ戻る