「エディブルフラワー(食用花)活用事業」参加者の料理を紹介します!【スイーツ編】

公開日 2024年05月08日

更新日 2024年05月08日

「花のまち」太田地域では、花だんづくりやスイセンロードなどの「見て楽しむ花」の取り組みは盛んですが、さらに新しい取り組みとして「食べて楽しむ花」の可能性に着目し、「エディブルフラワー(食用花)活用事業」を行っています。

これまでの取り組みについてはこちら

令和5年度はエディブルフラワーをさらに身近なものとして広めていきたいと考え、ご自宅で栽培してくださる方を募集したところ、20名を超える参加がありました。

参加者の皆さまからは、家庭での料理などに自由に使っていただきましたので、その写真をご紹介します。

【グルメ編】はこちら

エディブルフラワー(食用花)とは…

Edible(食べられる)Flower(花)の名のとおり、花を食材として使うこと、またはその花のことです。毒性のないことが条件で、無農薬や低農薬で栽培されており、安心して食べることができます。様々な種類があり、料理の彩りとしてだけではなく、実は栄養価の高い食材としても注目されています。

エディブルフラワーの種類

《ビオラ》適切なお世話をすることで秋から春にかけて花を咲かせます。味にクセがなく、カラフルなので料理にもスイーツにも合います。

《キンギョソウ》秋から冬にかけて花を咲かせます。キンギョのようなかわいい形で、優しい酸味があります。熱に強いので、加熱する料理にも使えます。

写真紹介

 

❁市販のケーキをデコレーション

❁フラワーリングゼリー

❁フラワードリンク・ゼリー

❁フラワー大福

❁レモンチーズケーキ

❁フルーツきんとん

❁カボチャのお花畑ようかん

❁あんずジャム入りムースケーキ

 

皆さまからいただいた写真は、こちらのInstagramアカウントでも発信しておりますので、ぜひご覧ください!

あか松の「ぼったん」Instagramアカウント

お問い合わせ

太田支所地域活性化推進室
住所:秋田県大仙市太田町太田字新田田尻3番地4
TEL:0187-88-1112
このページの
先頭へ戻る