農地利用最適化推進委員の募集について(終了しました)

公開日 2020年02月29日

更新日 2020年03月31日

 令和2年1月31日から令和2年3月27日まで受け付けしていました大仙市農地利用最適化推進委員の募集は、募集人数に達したため終了します。

 ※農業委員の募集内容はこちら→農業委員の募集について

 ●大仙市農業委員会で募集した大仙市農地利用最適化推進委員候補者について、農業委員会等に関する法律第19条第2項および同法施行規則第12条第2項の規定に基づき、募集期間終了時点の推薦および募集状況を公表します。

推進委員の募集状況(令和2年3月30日時点)[PDF:283KB]

◆募集人数

 仙北2地区を担当してくださる1人

※担当区域の詳細については、下の「◆関係書類のダウンロード」にある「推進委員担当区域」で確認ください。

 

 

◆任期

 委嘱された日 から 令和5年7月30日 まで

 

◆推薦を受ける者または応募する者の資格

 農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有する者であって、担当する区域において、その職務を適切に行うことができる者。

 ただし次のいずれかに該当する者は、推進委員となることができません(農業委員会等に関する法律第18条第4項)。

 1 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

 2 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終えるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者

 

◆主な業務

1 担当区域において農業委員と連携し、担い手への農地利用の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消等、農地利用最適化の推進に関する現場活動を日常的に行います。

2 「農地等の利用の最適化の推進に関する指針」の策定・変更や農地等利用最適化推進施策について、必要に応じて総会に出席し意見を述べます。

3 担当区域における農地法や他の法令に基づく農地の権利移動・農地転用の許可、農用地利用集積計画の決定等に関して、現地調査を行うとともに、必要に応じて総会等に出席し情報等を提供します。

4 農業委員会等が開催する会議や研修に出席します。

5 農家からの相談、農家への助言・指導、農業一般に関する調査及び情報提供を農業委員と連携して行います。

 

◆推薦および募集の方法

(1)推薦

 1 個人推薦の場合、推薦者が必要事項を記入し、署名・押印の上、提出します。

 2 団体等推薦の場合、必要事項を記入し、署名・押印の上、提出します。

 

(2)応募

   本人が必要事項を記入し、署名・押印の上、提出します。

 

◆募集期間等

 ※延長期間  令和2年3月16日(月) から 令和2年3月27日(金) まで

 

 

(1) 持参の場合 ⇒ 平日の午前8時30分から午後5時15分までとなります。

(2) 郵送の場合 ⇒ 農業委員会事務局のみで受け付けます。令和2年2月28日必着のみ有効となります。

 

◆提出先

 持参の場合は、農業委員会事務局(神岡庁舎)または各分室まで

 郵送の場合は、〒019-1701 大仙市神宮寺字蓮沼16番地3 大仙市農業委員会事務局 宛

 

 事務局および各分室の連絡先はこちら⇒農業委員会事務局体制

 

◆応募情報の公表

 募集期間の中間と期間の終了後に、提出された書類をもとに以下の内容を公表します。

 1 推進されたまたは応募する区域

 2 推薦者の氏名、職業、年齢および性別(推薦者が団体等である場合は、名称、目的、代表者または管理人の氏名、構成員の数、構成員たる資格その他の当該団体等の性格を明らかにする事項)

 3 被推薦者または応募者の氏名、職業、年齢、性別、経歴および農業経営の状況

 4 推薦または応募の理由

 5 推薦者が被推薦者を農業委員に推薦しているか否かの別、または応募者が農業委員に応募しているか否かの別

 6 被推薦者の数

 7 応募者の数

 

 

◆候補者の選考、結果の通知

 

 推進委員候補者評価委員会において、提出された書類をもとに総合的な観点から協議し選考します。必要に応じて面接を実施する場合があります。選考結果は、評価委員会終了後、速やかに本人および推薦者に郵送で通知します。

 

 

◆注意事項等

・農業委員と農地利用最適化推進委員の両方に推薦・応募できますが、兼務することはできません。

・1つの地区について農地利用最適化推進委員として推薦されている者または応募している者が、同時に他の地区についても推薦を受け、または応募することはできますが、2つの地区の農地利用最適化推進委員になることはできません。

・他法令等により、農地利用最適化推進委員と兼職が禁止されている職の者は候補者になれません。

・農地利用最適化推進委員は政治活動の制限はありませんが、特別職の地方公務員であるため、その公の地位を利用した選挙運動をすることは禁止されています。

・農地利用最適化推進委員には職務上知り得た秘密を漏らしてはならない秘密保持義務があります。この義務はその職を退いた後も同様です。

・申し込み状況により募集期間を延長する場合があります。延長する場合は、大仙市ホームページで公表します。

・提出された書類は、理由の如何を問わず返却しませんのでご了承ください。

・推薦、応募および面接等に係る経費は、全て各自の負担となります。

・推薦書等に記載された内容確認のため、必要に応じて本人または関係機関等に対して照会を行う場合があります。

 

 

◆関係書類のダウンロード

 募集要項(pdf)→大仙市農業委員会農地利用最適化推進委員募集要項.pdf(150KB)

 推進委員担当区域(pdf)→推進委員担当区域.pdf(117KB)

 推薦書(pdf)→様式1(推進委員推薦書).pdf(58KB)     

 応募申請書(pdf)→様式2(推進委員応募申請書).pdf(55KB)

 ※農業委員会事務局または各分室でも配布します。

 ※「推薦書」は両面印刷してください。

 

◆記載例のダウンロード

 

 個人が推薦する場合(pdf)→様式1(推進委員個人推薦記載例).pdf(81KB)

 団体等が推薦する場合(pdf)→様式1(推進委員団体推薦記載例).pdf(78KB)

 自ら応募する場合(pdf)→様式2(推進委員本人応募記載例).pdf(72KB)

 

 ※農業委員会事務局または各分室でも配布します。

 

 

 

お問い合わせ

農業委員会事務局
住所:秋田県大仙市神宮寺字蓮沼16番地3
TEL:0187-72-4611
このページの
先頭へ戻る