【中仙】地域の魅力再発見

公開日 2017年12月01日

更新日 2021年06月02日

なかせん千本桜

古くから桜の名所として名高い八乙女山、県道土川中仙線の桜アーチ、道の駅なかせん裏手の斉内川堤の桜並木の一帯は、大仙市を代表する桜の名所です。

なかせん千本桜エリア1 なかせん千本桜エリア2

なかせん千本桜プロジェクト

大正8年の植樹から百年を迎えた八乙女山の桜ですが、国道105号線に面した東側斜面は急こう配のため崩落や雪害の影響を受け、大幅に本数を減らしています。地域のシンボルである八乙女山の桜再生は地元住民の悲願でもあります。
なかせん千本桜プロジェクトは、八乙女山の再生植樹事業を進めるとともに、記念植樹事業や、ボランティア団体と地域の小中学生によるボランティア活動、環境保全の支援を募る活動、近隣の観光名所や春季イベントと連携した観光PRの推進などを行う計画で、平成30年度から令和9年度までを計画期間として推進しています。

100年記念ポスター 100年記念植樹

「なかせん千本桜プロジェクト」では、YouTubeの公式チャンネルを開設し、今年の「なかせん千本桜」の様子をお届けしています。桜がつぼみから満開になるまでの移り変わりやドローンによる上空からの八乙女山、斉内川、桜アーチ街道の動画などを見ることができます。

空中散歩しているかのような景色をぜひお楽しみください。

※撮影は道路、施設の管理者の許可を得て行いました。

空中散歩【桜満開編】

桜、蕾から満開へ

「【公式】なかせん千本桜プロジェクト」チャンネル

 https://www.youtube.com/channel/UCUdS5WcPvr3OnWKDVXp-4eA
 

なかせん桜まつり

4月下旬に道の駅なかせんを中心に開催されます。イベントデーには、子どもたち向けの無料イベント「ドンパン娘縁日」や、踊りや歌を披露する舞台のほか、屋外テントでの飲食コーナーなどが設けられ賑わいを見せます。道の駅と八乙女山を往復するシャトルバスも運行されますので、駐車場の心配もなくエリア内の回遊をお楽しみいただけます。

なかせん桜まつり1 なかせん桜まつり2

 

ドンパン節の里なかせん

ドンドンパンパンの唄い出しではじまる民謡「ドンパン節」は、大仙市中仙地域で誕生しました。
ドンパン節の伝統を守り、保存、継承を図るため、様々な取り組みを行っています。

ドンパン節の里1 ドンパン節の里2

ドンパン祭り

ドンパン祭りは、ドンパン節の普及を目的に毎年8月16日に開催されます。
会場のドンパン広場には、お祭りに集まったみなさんによる大きな踊りの輪がうまれ、地域の子どもたちの発表や伝統芸能なども披露される中仙地域夏の一大イベントになっています。

【動画】第34回ドンパン祭り「ドンパン節」

【動画】第34回ドンパン祭り「円満造甚句」
【動画】第34回ドンパン祭り「ロックドンパン」
【動画】ドンパン祭りの花火
 

踊り方

ドンパン節のほか、ドンパン節の元唄である円満造甚句、ドンパン節をロック調にアレンジしたロックドンパンがあります。踊りを覚えてぜひドンパン祭りで踊りましょう!

【動画】ドンパン節

【動画】円満造甚句
【動画】ロックドンパン
【動画】ドンパン節 輪踊り
【動画】正調ドンパン節 てぬぐい

【音楽】ドンパン節
音楽】円満造甚句
【音楽】ロックドンパン

関連リンク

【ホームページ】ドンパン祭り公式ホームページ
 

ドンパン祭り on the WEB!

令和元年度、令和2年度は、台風と新型コロナウイルスの影響により、2年連続でドンパン祭りが中止となりました。
開催を楽しみにしてくれていた方々の気持ちに応えるため、ドンパン祭り実行委員会と大仙市の協働により、ドンパン祭りの臨場感を自宅で感じていただける「ドンパン祭り on the WEB!」を開催し、映像配信しています。

【動画】ドンパン祭り on the WEB!
 

関連リンク

【Youtubeチャンネル】【公式】ドンパン祭り実行委員会
 

ドンパン娘

ドンパン祭りの華としてお祭りを盛り上げる踊り子「ドンパン娘」は、各種イベントへ出演してドンパン節やドンパン踊りの普及と中仙地域のPRを行うほか、「大仙市PR隊ドンパン娘」として大仙市内の各地名所を紹介しています。

ドンパン娘1 ドンパン娘2

関連リンク

 【インスタグラム】ドンパン祭りインスタグラム

 

中仙ジャンボうさぎ

中仙ジャンボうさぎは、昭和21(1946)年に「日本白色種秋田改良種」として農林省に届出された「秋田」の名を冠する希少な品種です。
白い毛皮と大きな体が特徴的な品種で、大きくなるものは7.5~10kgにまで成長します。食用に飼育されてきたジャンボうさぎの味はくせがなく、低脂肪・高タンパクでむくみの解消に効果のあるカリウムを豊富に含むなどヘルシーで、アレルギー体質の方や、老人食、病人食としても有望視されています。また、諸外国ではうさぎは一般的な食材として取り扱われることから、フランス料理等の食材としても広く利用されています。

中仙ジャンボうさぎ1 中仙ジャンボうさぎ2
 

全国ジャンボうさぎフェスティバル

毎年10月に開催される「全国ジャンボうさぎフェスティバル」では、ジャンボうさぎの品評会が開催されるほか、マスコットキャラ「デカラビくん」とのもちつき、うさぎプレゼントゲーム、うさぎ肉を具材にした「日の丸鍋」の振る舞いなどが催され、近年は約10,000人が来場するイベントとなっています。

全国ジャンボうさぎフェスティバル1 全国ジャンボうさぎフェスティバル2

 

このページの
先頭へ戻る