大仙市空き家等解体補助金制度

公開日 2021年07月01日

更新日 2021年09月01日

空き家の解体を支援します ※令和3年7月より拡充しました

市では、安全・安心なまちづくりを実現するため、所有者等による空き家の解体を支援し、空き家の増加防止に努めるとともに、土地の利活用を促進します。

 

大仙市空き家等解体補助金制度

1.補助対象となる空き家

 市内に存する空き家のうち、次に該当するもの

  〇老朽空き家(建築から40年以上経過しているもの)

  ※現在居住している住宅と同一敷地内に無いこと

 

2.補助対象者

 (1)空き家の所有者等(所有者、相続人等の親族 など)で次の所得要件を満たす者

   所得要件:補助対象者の属する世帯の主たる生計維持者の前年度所得が

        460万円+(扶養親族数×38万円)以下であること

 (2)補助対象空き家を取得し、跡地の利活用を行う個人または業者

    ※個人:相続以外の理由により空き家を取得した者

     業者:「公益社団法秋田県宅地建物取引業協会」

         または「公益社団法人全日本不動産協会」に所属する業者

 

3.補助対象工事

 次のいずれにも該当する工事

 (1)補助対象空き家等の全てを解体し、かつ撤去する工事

 (2)補助対象者が施工者と工事請負契約を締結して実施する工事

 (3)他の補助金の交付を受けない工事

 (4)年度内に完了することができる工事

 

4.補助金の額

 (1)補助対象者が所有者等の場合

   解体事業費(税抜)の1/2以内、上限額50万円

   ※次の条件を満たす場合:上限額100万円

    1)空き家の相続が発生した日から起算して3年を経過する日の属する年の

     12月31日までの期間における事業であること。

    2)空き家が昭和56年5月31日以前に建設されたものであること。

 

 (2)補助対象者が補助対象空き家を取得し、跡地の利活用を行う者の場合

   1)補助対象者が個人:解体事業費(税抜)の1/2以内、上限額50万円

   2)補助対象者が業者:一律10万円

 

 〇上記のほか、解体を含めた適正な管理をするよう市から「助言・指導」または「勧告」を

  受けた所有者等が事業を実施する場合、補助対象空き家によって補助金の額が次のとおり

  となります。

    1)危険空き家:解体事業費(税抜)の1/2以内、上限額100万円

    2)迷惑空き家:解体事業費(税抜)の1/2以内、上限額100万円

    3)危険かつ迷惑な空き家(要解体空き家)

            :解体事業費(税抜)の1/2以内、上限額150万円

 

補助金を希望される方へ

 補助金制度の申請にあたっては、事前に調査等が必要となりますので、詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

 

空き家の管理等について

空き家の管理等については、解体も含め所有者が行うことが大原則です。

空き家が原因で他へ被害を与えた場合は、損害を賠償する責任が生ずることとなりますので、適正な管理をしましょう。

 

申請様式集

01 補助金申請書[DOC:30.5KB] 01 補助金申請書 (例)[DOC:33.5KB]

02 補助金事業計画書[DOC:42KB] 02 補助金事業計画書(例)[DOC:43.5KB]

03 【様式第1号】同意書[DOCX:15.4KB] 03 【様式第1号】同意書 (例)[DOCX:15.8KB]

04 【様式第2号】除却同意書[DOCX:15.7KB]  04 【様式第2号】除却同意書 (例)[DOCX:16.1KB]

05 【様式第3号】跡地活用実施計画書[DOCX:15.6KB]  05 【様式第3号】跡地活用実施計画書(例)[DOCX:16.6KB]

 

お問い合わせ

総合防災課
住所:秋田県大仙市大曲花園町1-1
TEL:0187-63-1111
FAX:0187-63-1119
このページの
先頭へ戻る