ふるさとこんにちは

秋田県大仙市公式ブログ

Home » 2024

太田東小学校で田植えが行われました!

5月28日(火)、太田東小学校の全校田植えが、学校田の「なかよし田んぼ」で行われました。田沢疏水土地改良区やアグリフォー太田、保護者、地域の皆さんの協力のもと、全校児童62名が田植えを体験しました。

この行事は、私たちの主食である「米」を作る体験を通じて、農家の苦労や労力を知り、食料生産に関心を持つことをねらいとして行われているものです。

子どもたちは裸足で田んぼに入ると、慣れない泥に足をとられている様子。泥だらけになりながらも、5年生が事前に付けていた型に沿って上手に植え付けを行っていました。

田植えは順調に進み、最後は、感想発表と協力してくれた方々へお礼の言葉を伝えました。

秋の収穫が今から楽しみな様子でした。

 

「太田黄桜まつり」開催しました!

5月3日(金・祝)、今年で11回目となる「太田黄桜まつり」が大台スキー場で開催されました!

今年の黄桜の見頃は例年より早く、満開の時期はやや過ぎてしまいましたが、天気にも恵まれ多くの来場者が訪れました。

毎年好評の「Kizakura Hike & Coffee 2024」では、黄桜並木を歩いたあと、景色を楽しみながらスキー場をハイキング。頂上では、仙北平野の絶景を見渡しながら「FOGcoffee」さん(大曲大町)のコーヒーと、「やをら」さん(太田町)のお菓子で至福のひとときを過ごしました。

また、スノーボードパークでは今回初開催となる「ヨガ体験」を行いました。リラクゼーションサロンYujの堀江理花さんに教わりながら、大自然に囲まれ、ヨガを行いました。眺めも天気も良く、皆さんとても気持ち良さそうに体を動かしていました。

今回は、「アウトドア講習会」や「テントサウナ体験」の開催のほか、初参加となる「JR東日本秋田支社」さんからも盛り上げていただきました。出店ブースでは飲食物やお花の販売を行い、常時たくさんの人で賑わいました。

今回の来場者数は前回の約3倍となりました。たくさんのご来場、ありがとうございました!

今後もぜひ、冬以外の大台スキー場をお楽しみください!

 

今年も大佐沢公園の桜が咲きました!

今年はやや遅咲きでしたが、大佐沢公園の桜が咲きました。

気温が暖かいので、散歩をしながら眺める大佐沢公園の桜は最高です。

大佐沢公園に遊びに来た際は、公園近くの「大綱の里」という直売所で種類豊富なお野菜、お弁当、お惣菜をぜひお買い求めください!

 


夜のライトアップも行っています!

今年はライトを増量したため、国道13号線からも夜桜がよりきれいに見えます!

 

西仙北支所前でもライトアップ中です!

ライトアップは桜が散るまで行っております。

 

ライトアップ場所

大佐沢公園(秋田県大仙市刈和野山堂ケ沢)

大仙市役所西仙北支所(秋田県大仙市刈和野本町5)

ライトアップ時間

午後6時30分〜午後9時

 

太田 春のおとずれ

温かい日が続き、太田に様々な花が咲き始めていますが、

大台スキー場のカタクリは今が見頃です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「花のまち太田」でもカタクリを見ることのできる場所は限られています。

また、頂上からの景色も絶景となっているので、ぜひ春の大台スキー場へお越しください!

 

大盛況!第42回太田の火まつり

2月3日(土)、太田地域の冬の一大イベントである「太田の火まつり」が行われました!

このイベントは、太田地域の小正月行事の伝承を目的として、秋田太田奥羽グラウンド・ゴルフ場を会場に毎年開催しています。
「太田の火まつり実行委員会」(鷹觜信行実行委員長)の主催で、今年で42回目となりました。

今年は、県内各地で雪不足により冬のイベントが中止になったり、開催が危ぶまれたりしていますが、太田地域では何とか必要な雪は確保することができ、予定通り開催することができました。

当日は、お昼すぎから実行委員会や太田支所のスタッフの皆さんで、会場準備が進められました。
やはり雪は少ないので、ミニカマクラや天筆の設置には一苦労です。

それでも順調に準備は進められ、いよいよ午後5時の開場を迎えます。
寒い中なので、温かい甘酒は大人気です。

午後6時の開会宣言の後は、「福分け」が行われました。
これは会場へいらしたお子さまなどに、神事でお供えしたお菓子をお配りするものです。
なお、今回の福分けのお菓子の中には、大仙市内の新規就農者研修施設で試験栽培されているエディブルフラワー(食用花)を使用したクッキーも入っています!
「花のまち」として知られる太田地域では、「エディブルフラワー(食用花)活用事業」に取り組んでおり、この火まつりでも花を使って何かできないか、ということで実現しました。
この美しいクッキーは、太田地域のお菓子屋さん「やをら」さんに作っていただきました!

次に田の尻集落の皆さんによる「雪中田植え」。
度重なる冷害で農作物が取れなかった時代に、豊作を願って行われたものです。

続いて東今泉八幡太鼓の皆さんによる演奏。
迫力ある演奏で、祭りを盛り上げます。

そしていよいよ、紙風船上げです。
今年も学校や集落などで作った20個を超える紙風船が夜空に浮かびました。
また、今年は大仙市国際交流協会と20年前から交流を行っている青少年交流団体「韓国LABO」の紙風船も上げられました。
この紙風船は、韓国から6人の子どもたちが大仙市を訪れ、手作りしたものです。

そして今年の紙風船コンテストで、デザインや美しさが特に優れていると評価された最優秀賞は、小神成集落に贈られました。
小神成集落の皆さん、おめでとうございます!

 

そして「太田の火まつり」のメインイベント、「天筆焼き」です。
「天筆焼き」は、会場にそびえ立つ2本の稲わらの塔「カマクラ」に火をつけ、願い事が書かれた5色の短冊を貼り合わせた「天筆」をかざして焚き上げることで、願い事の成就を願うものです。
会場に集まった大勢の人々の前で、焚き上げられた天筆が空に舞い上がっていきました。

最後に、「冬花火」が今年の火まつりのフィナーレを飾りました。

雪不足にもかかわらず、おかげさまで大盛況に終えることができました。
3年ぶりの通常開催だった昨年の火まつりよりも、大幅に多い約4,000人が会場に訪れてくださいました。
大勢のご来場、本当にありがとうございました!

地域に伝承される小正月行事を集め、太田地域最大のイベントとなったこの「太田の火まつり」。
様々な新しい要素を取り入れつつも、五穀豊穣・無病息災を願う人々の気持ちや、地域の伝統文化を後世に継承したいという想いは、昔も今も同じことでしょう。
これからも、太田地域の小正月行事が受け継がれていくことを願っています。
皆さん、来年の火まつりもぜひよろしくお願いします!

綱よい作業が行われました!

1月26日(金)、西仙あおぞらこども園年長組23人、西仙北小学校5、6年生85人、西仙北中学校1、2年が30人参加し、綱よい作業が行われました。

 

五日町は旧刈和野コミュニティーセンター前市道を会場に作業を行いました。

 

二日町は大綱交流館駐車場を会場に作業を行いました。

刈和野の大綱引き建元や実行部の皆さん指示のもと、「ジョヤサ!」という大きな掛け声を出しながら一生懸命に重い綱によりをかけ(転がしてねじり合わせる)、持ち上げ、作業を進めていきました。

作業が進むにつれて、綱が固くなり、よりをかけたり、持ち上げたりすることが難しくなってきた時には、年齢や学年関係なく助け合っている素晴らしい場面が見られました。

 

綱よい作業を終え、綱引き会場である刈和野大町通りに綱が運ばれ、飾られました。

2月10日の刈和野の大綱引き当日まで飾られます。ぜひご覧ください。

 

2月10日「刈和野の大綱引き」当日の主な日程

午後 1:30~ 神社祈祷
午後 1:50~ 刈和野大綱太鼓(西仙北小学校)
午後 2:30~ 祈祷・綱のばし・小綱つけ
午後 6:30~ 刈和野大綱太鼓(にしせんぼく太鼓の会)
午後 7:10~ 押し合い・綱出し合い
午後 7:40~ 花火打ち上げ
午後 8:05~ 綱合わせ作業
午後 9:00~ 引き合い開始
午後 10:30~ 奉納

 

開催場所

刈和野大町通り(大仙市字刈和野190-1付近)

 

アクセス

・JR刈和野駅より徒歩約10分

・秋田自動車西仙北スマートICより車で約10分

 

「刈和野の大綱引き」会場案内図

・「刈和野の大綱引き」会場案内図

2月10日当日のお食事マップ

・お食事マップ

イルミネーション点灯式が行われました!

令和5年12月20日(水) 刈和野駅、大綱展示場のイルミネーション点灯式が行われました。

 

当日は西仙あおぞらこども園の園児の元気なカウントダウンで点灯され、園児たちの拍手と歓声が上がり、大盛況となりました。

 

点灯式が終わるとプレゼントが配られ、園児たちの嬉しそうな笑顔が見られました。

 

刈和野駅、大綱展示場のイルミネーション点灯期間は2月10日(土)までです。

点灯時間は午後4時30分〜午後9時30分になっております。ぜひご覧ください!!